株式会社ハイスタッフ

menu

社長一問一答

代表取締役 高橋雅宣

社長に聞きました!一問一答

Q1. 社名の由来を教えてください。

一人の能力なんてたかが知れてる、万能人間なんていないでしょ、当たり前だけど。俺自身もね、常に悩んでるよ、わからない事だらけで、この歳になった今もね。
結局は色んな個性、能力が集まってる集団・会社・組織が良いなぁ、って当時思って。
だから、自分にはないハイレベルなスキルを持ったスタッフの集団にしたい・・で、社名をハイスタッフ! って創業時の25歳の時に思ったわけ。

Q2. 座右の銘を教えてください。

「学問は知識を養い、雑学は身を助ける」
何かの時に、ふと浮かんだフレーズで、意外と気に入っている。意味は・・・・それだけの意味ですよ、読んで字の如し。

Q3. 創業40周年ですが、印象に残っている出来事を教えてください。

40年も経ったんだなぁ~が本音かなぁ。社員皆で積み上げてきた40年、感慨深いよね、確かに。
色んな事あったけど、まぁ仕事は過去の実績に過ぎないし、酒飲み話にはなるけどね。
それよりは、これからどうする?? でしょ!
一番印象に残っている事?まさか定年退職する社員が出るの?っていう驚き?寂しさ?共に戦ってきた戦友、プロパー社員が定年で、俺が取り残されて?みたいな変な感情。

Q4. ハイスタッフの強みはどんなところですか。

なんでしょうね~、強みがあるなんて思っていたら逆にダメでしょ。日々探求!他社にない強みを創るぞ!!!って常に前を向いて、眼をギラつかせていてほしい。
仕事ごとに、その都度強みを発揮できるっていう正に強みがほしいね~
うぅん?・・なんか意味不明な感じだけど、まぁ~そんなイメージ。

Q5. これからの広告業界はどうなっていくと思いますか。その中でハイスタッフはどんな役割を担っていくべきだとお考えですか。

広告、正にその名の通り、本当に広~く告げる業界になっちゃった。消滅する広告媒体、新生する広告媒体、多種多用化し過ぎて65歳の俺には????
頭柔らか年代でないと無理。我が社が担う役割、担える役割とは?ではなく、業界を担える人材になれるよう、社員一人ひとりが、今の時代を学びながら、次代を見据える確かなアドマン能力を養う努力の積み重ねが時代・次代に求められるハイスタッフに成長できるのかもね。
古い表現だけど「一歩先へ」かな・・・・・